整形ならば患者の症状に合う施術を受けられます

サイトメニュー

様々な種類の小顔治療

女性

状態に合わせて適切な小顔治療が大切

顔が大きいというコンプレックスを感じている方は、日頃からメイクや髪型でフェイスラインを細く見せる努力をしている方が多いです。しかし根本的な小顔矯正を行うためには、プロの手を借りて施術を受けることが求められます。エステサロンなどで受ける小顔になる方法はマッサージを受けたり、整体院に通う方法もありますが、永続的な小顔効果を得たいなら小顔になる方法として美容整形外科の治療が効果的です。美容整形外科では主に輪郭形成の方法として、エラや顎、頬骨を部分的に削って理想的な顔の輪郭を形成する骨切り術の他に、ボトックス注射と呼ばれる製剤を利用した小顔ボトックスの治療があります。骨削りは角ばったフェイスラインを削ることによってシャープで美しい輪郭に仕上げる効果があります。骨切り術はエラや顎、頬骨の部位がゴツゴツとした印象がある方や、永久的な小顔効果を手に入れたいという方に向いています。小顔ボトックスは咬筋と呼ばれるエラ部分の筋肉にボトックス注射を注入することで、咬筋を収縮させることでエラの張り出しを抑えてフェイスラインをスッキリ見せることが出来ます。

エラや顎、頬骨といった部分的な骨格がゴツゴツとした状態になって顔が大きく見えてしまっている場合、根本的な原因を除去するためにも骨切り術などの手術を行う必要があります。特にエラ削りは手術は口腔内からアプローチさせるので、骨を露出させて下顎のエラ部分を削ることが出来ます。エラ削りの特徴は口腔内からの手術となるので顔の表面には傷跡が残らないメリットがあります。骨を削り取ることで骨格が元に戻る心配もなく永久的に美しいフェイスラインを手に入れることができる点が小顔になる方法として人気となっています。施術にかかる時間は60〜120分ほどで、施術後はダウンタイムとして腫れや内出血、痛みなどが一週間ほど続くので安静に過ごす必要があります。骨切り術など大掛かりな手術はしたくないという方は、日帰りで受けられる小顔ボトックスも人気があります。ボツリヌス菌から抽出されたタンパク質を利用した製剤を利用した小顔になる方法で、エラの部分にあたる咬筋の発達を抑えて、筋肉を収縮させることでフェイスラインをシャープに見せることが出来ます。繰り返しボトックス注射を行うことで、エラの張りが目立たなくなり小顔をキープさせることが出来ます。

Copyright© 2019 整形ならば患者の症状に合う施術を受けられます All Rights Reserved.